墨田区押上のとうきょうスカイツリー駅の近くの動物病院。さいごまで家で過ごす緩和ケア、がん治療お気軽にご相談ください。

予約制です。当日予約も出来ます。
私たちにできること
■空の木犬猫病院■

休診日

診療時間

空の木犬猫病院の診療について詳しくはこちら

ワクチン抗体価検査

toppage

ワクチン抗体価検査

ワクチン抗体価検査とは?ワクチン接種をする前にご相談ください。

ワクチンアレルギー・ワクチン副作用歴
てんかん
その他慢性疾患
ステロイド等の免疫抑制剤を定期的に内服

…これらにあてはまったら、ワクチン接種をする前に抗体価検査をしてみましょう

ワクチン抗体価検査って?

ワクチン抗体価検査は『ワクチンの効果がどのくらい残っているか』を調べる検査です。抗体価が充分であれば、不要な接種を避けることができます。

空の木が考える抗体価検査

空の木では、ワクチンアレルギー(またはワクチンによる副作用)、てんかん、慢性疾患(アレルギー、糖尿病、免疫疾患など)、ステロイド等免疫抑制剤による治療中の場合、抗体価検査をおすすめしています。
室内猫では、注射接種部位肉腫の発生リスクを考慮し、抗体価検査を行うことで不要なワクチンを接種しないことをおすすめしています。
「副作用が怖いからワクチンを接種しない」
「ワクチンは3年に1回でいい」
「都内に住んでいればワクチンは必要ない」
というのは、正しいのでしょうか?
調べてみると、たしかに数年に渡り抗体価が維持されているケースもありますが、毎年接種しているにも関わらず効果が1年持続していない例もあります。 また近年、都内にお住まいでも郊外へお出かけされる方、逆に郊外から都内へ遊びに来る方も増えています。
自己判断で接種しないのではなく、生活環境に合ったワクチンの選択、また抗体価検査を利用した接種間隔の検討を空の木ではおすすめしています。

空の木で検査できるわんちゃんねこちゃん

  • 現在、検査できるのは犬3種(ジステンパー、パルボ、アデノウイルス)、猫3種(カリシ、ヘルペス、パルボウイルス)の抗体価です。
    これ以外の予防が必要な場合は(例:レプトスピラ)ワクチン接種の対象となります。どの病気を予防するべきかは生活環境により異なりますので、ご相談ください。
ページトップへ
facebookで最新情報をチェック